管理栄養士の自己紹介

更年期障害の症状から自分を守る!
~現役管理栄養士が教えます!〜

更年期障害の症状から自分を守る!更年期障害への素朴な疑問を解決!更年期障害かどうか確認はできるの?
更年期障害かどうか確認はできるの?

更年期障害かどうか確認はできるの?

自覚症状はあっても本当に更年期障害かわからない方。
コチラのページの、更年期障害確認チェックシートでご確認下さい。

更年期障害かどうか確認はできるの?

Q.更年期障害かどうか確認はできるの?

A.簡略更年期指数(SMI)で更年期障害の症状の強さを数値化できます。

更年期障害の程度は正直病院でもどれくらいしんどいかなどはわかりません。
それを簡単に計測するのが、簡略更年期指数(SMI)です。

SMIは、simplified menopausal indexの略です。Simplifiedは、簡易化されたという形容詞、menopausalは、閉経という名詞、indexは、指数という名詞ですね。 「簡単に閉経を測る指数」という事ですね。1992年に、小山嵩夫という女性の健康に特化した病院の先生が作られた指標になります。

病院に診察に行ったりすると、こちらを基に症状を確認する事などがあります。 他にも様々な確認用の指標があるのですが、チェック項目が日本人にあわせられており、とにかく、簡単という事で広く認知している方法だと思います。

ただ、問診で聞いてしまえばすぐにわかる項目がほとんどの為、こういう問診票すら置いていない病院が65%という事実もあります。病院にいかずに、家で更年期障害か確認したいという方はこちらで試してみるのはいいと思います。数値の度合いによっては、カウンセリング・治療・通院という判定ができるので、一度確認してみてはいかがでしょうか。

簡略更年期指数で現状を知る

 
1.顔がほてる 10 6 3 0
2.汗をかきやすい 10 6 3 0
3.腰や手足が冷えやすい 14 9 5 0
4.息切れ、動悸がする 12 8 4 0
5.寝つきが悪い、または眠りが浅い 14 9 5 0
6.怒りやすく、すぐイライラする 12 8 4 0
7.くよくよしたり、憂うつになることがある 7 5 3 0
8.頭痛、めまい、吐き気がよくある 7 5 3 0
9.疲れやすい 7 4 2 0
10.肩こり、腰痛、手足の痛みがある 7 5 3 0
合計  

自己採点評価法

0~25点 上手に更年期を過ごしています
26~50 点 食事や運動に注意しましょう。
51~65 点 更年期外来などを受診しましょう
66~80 点 長期間の計画的な治療が必要でしょう
81~100 点 各課の精密検査を受け、長期の計画的な治療が必要でしょう

実際の使い方は??

42歳-46歳の方で、月経不順が来た方は一度こちらのシートで試してみてもいいかもしれません。人によって症状や度合いが違うので、もし、数値上、50点以上だった場合は、まず、自分の食生活を見つめ直してみましょう。

管理栄養士の立場から言わせると、更年期障害に対して、食事や栄養素でカバーできる所は多いと考えています。イソフラボン他、更年期障害対策となる栄養素をしっかり摂取しながら、日々備えて頂く事で症状の軽減に繋げる事ができるといえます。